奄美大島SUPフィッシング“冬”

カヤック・SUPフィッシング

うがみんしょーらん。

12月の奄美大島は結構寒い。平均気温は16.5℃

そして北風が強く吹きます。

そんな中、今年の釣り納めとしてSUPフィッシングに行ってきました。

今年を締め括る大物に出会えるのでしょうか。

釣果記録と合わせて奄美のおすすめカフェや居酒屋を紹介しています。

奄美で冬のSUPフィッシング

奄美や沖縄は冬になると北風が吹き、海は荒れ模様の日が多くなります。

SUPにとって風は一番の天敵。

風裏のポイントでSUPが出せそうな場所を探します。

奄美の端っこ西古見へ

選んだポイントは西古見というエリア

奄美大島の南西に位置して名瀬からは1時間半ほど。

到着したのは夕方4時すぎ。西風が強い中、なんとか出艇。。6時頃には暗くなるので短時間勝負。

港から200mほど漕ぐと水深30mほどになる、やや駆け上がりのポイント。

信頼のVJを落とすと早速マルクチヒメジがヒット。

続いて、オオモンハタ。

このままテンポ良く釣れるかと思いきや、なかなか続かず。陽も落ち暗くなりつつある。

岬正面の駆け上がりポイントに移動すると、魚探に回遊魚らしき好反応が。

すかさずVJを落とすとヒット。するとロッドがブチ曲がり引きずりこまれた。

ヤバいやつがきた!と思いきやすぐにフックアウト。

再度落とすと、今度はボトムでヒット。なかなかの引きだがさっきの回遊魚ではないよう。

!?

油断していたところ急に暴れ出し、ロッドがこれでもかと言わんばかりにブチ曲がった。

だがスッと軽くなり、またしてもフックアウト。

…いや、まだ何か付いているようだ。

上がってきたのは無惨にも胴体を食いちぎられたアカジン。

恐らく魚探に映っていたのは20キロクラスの磯マグロでそいつ喰い付いてきたのだろう。

と、妄想が膨む。

貴重な晩ご飯が…

気を取り直して続けるも、完全に陽は沈みあたりは真っ暗。

暗闇の中、少し粘ってみたがその後、魚がかかることはなかった…

明日はさらに風が強まる予報。これで奄美遠征は終わってしまうのか…

DAY2

朝5時に目覚ましをかける。

どうせ今日は風が強くSUPはだせないだろう。

そんなことを思っていると二度寝していた。

起きたのは7時。とりあえず仕度をして車に乗り込んで昨日行った西古見のポイントへ。

到着したのは8時半頃。ん?意外と風が弱い。

こんなことなら早く起きていれば良かった。

そう思いながら準備をして出艇。

さあ、今日は何が釣れるのだろう。

一投目、VJを落とすといきなりヒット!

かなりの重量感。上がってきたのはアザハタ。

立派な個体。これは幸先がいい。

少し沖の方で叫び声が聞こえる。

今回の相棒PPにも何かがヒットしたよう。

究極の美味。サザナミダイ。

その後、ちらほらヒットがあるものの小物ばかり。

アオヤガラ
ニジハタ

大きな根があるところにポイントを変えてみると魚探に好反応が。

すかさずジクを落としてみると、ヒット。

強い引きで走り回る。回遊系の魚がきたようだ。サイズも期待できそう。

上がってきたのはヒレナガカンパチ。引きの割にサイズは小さかった。

根の周辺は反応はあるものの、その後はなかなか続かず。

小さなホシカイワリを釣ったところで、風も強くなり終了。

カヤックならまだ耐えられる風だが、SUPはさすがにきつかった。

釣った魚を居酒屋へ

釣った魚は古仁屋の居酒屋「太助」に持ち込んで調理してもらいました。

アザハタの煮付け
サザナミダイの天ぷら
あら汁

どれも美味しく、おすすめの居酒屋です。

居酒屋太助 - 瀬戸内町その他/居酒屋 | 食べログ
居酒屋太助 (瀬戸内町その他/居酒屋)の店舗情報は食べログでチェック! 口コミや評価、写真など、ユーザーによるリアルな情報が満載です!地図や料理メニューなどの詳細情報も充実。

DAY3

予報では今日も風が強い。

が、予報は裏切る可能性もある。

昨日の反省を活かして4時半起床。

6時過ぎには西古見に到着。周囲はまだ薄暗い。そして爆風が吹き荒れる。

予報通り風きついやん…。

これは出せそうにないので、一つ岬を越えたポイントに行ってみる。

先程とは一変、風が弱い。

よし、これはいける!準備をして早速出艇した。

すると、岸から沖に向けて風が吹き始めた。

これは一番危険なやつ。判断を誤れば沖に流され帰ることができなくなる。

でも釣りたい。リーフエッジにVJを落とすとサクッとアカハタが釣れた。

時折り風速8mほどの風が吹き、漕いでも押し返される。風が弱まるタイミングで一気に進み、無事に岸に帰ることができた。

しばらく様子をうかがう。風が弱まるタイミングもあるが、安全第一。ここでの出艇は諦めた。

再び西古見に向かって見ると、風が少し弱まっていた。また風も沖から岸に向かう風なので帰れなくなるリスクは低い。

出艇したものの、釣果は激シブでエソしか釣れない。決して風も弱くないので、ここでも安全第一。帰港を決断した。

西古見のカフェ

西古見の集落には小さな商店が一店舗あるだけだったが、最近カフェができました。

カレーは絶品

西古見を盛り上げようと、移住したオーナーと地元の方々が協力して運営しているカフェ。

釣りの後に是非立ち寄ってみてください。

奄美ナイト

最後の夜は奄美の繁華街、名瀬エリアへ。

魚を持ち込むなら「呑みんちゅ」

一軒目はInstagramで繋がっていた方が教えてくれた釣り人が集まる居酒屋「呑みんちゅ」

釣った魚の調理も可能で、料金も1匹100〜500円ほどとリーズナブル。

残念ながら持ち込む魚はありませんでしたが、料理はどれも絶品でした。

山芋焼きは特にオススメ!

しかも、紹介してくれた方がボトルを一本差し入れしてくれていて、もう感激。

美味しくいただきました!ありがとうございます!

ボトルはキープしているので、今度は是非一緒に飲みましょう!

居酒屋 呑みんちゅ
ホテルウエストコート奄美から徒歩2分の居酒屋…

Ber「らいおんの穴」

2軒目はBer「らいおんの穴」

名瀬に行く際にはいつも立ち寄るバー。

事前に相談すれば魚も調理してくれるかも?

2階のカウンター席でマスターと話しながらお酒を飲むも良し、3階でゆったり友達と飲むもよし。

初めてでも行きやすいバーです。

らいおんの穴
新鮮なジビエ、島の野草、海産物などここにしか…

DAY4

最終日は11時半の飛行機なので、もう帰るだけ。

恐らくこれが年内最後の釣りになるだろう。

締めくくりがエソなんて、全然締まらない。

ということで、漁港でライトゲーム。制限時間は15分。

2gのジグヘッドにアジング用のワームをセット。

軽くダートさせて誘う。

するとラインが走り、強烈な引きに襲われる。

なにこれ!?サバとマンボウが融合したような魚。調べてみるとギンカガミという魚らしい。

この新種は嬉しい一匹。

ついでにこんなやつも釣れました。フエダイ系の幼魚。

さて、これで満足して関西に帰れる!

総括

冬の奄美は北風が強く、海は荒れがち。

でも予報とは裏腹、落ち着く場合もあります。

とりあえず行ってみないと分からない。

もし、釣りができない場合も大丈夫。

「あまみふろしき」スタンプラリーに参加しましょう。奄美の自然を満喫しながら観光するのもありですよ。

https://amami-inochimukidashi.com

…来年こそはGTゲット!

コメント